NEW POST

ラトビアの「ピラジニ」

f0128092_13121462.jpg

ラトビア出身のエレナさんに、彼女の家庭に伝わるパン、「ピラジニ」を教えてもらいました。





ラトビアは、旧ソ連邦バルト三国のひとつで、バルト海に面する北東ヨーロッパの国です。

ピラジニは、ラトビアではとてもポピュラーなパンで、中の具も多種多様とのこと。

教えてもらったのは、じっくり炒めた玉ねぎとハムを包んだものと、シナモンバターを巻き込んだ少し甘いピラジニです。

エレナさんのお母さんも、そのまたお母さんもよく作っていたというこのピラジニ、エレナさんのお家のオリジナルだそうで、今回のために、わざわざお母さんに電話して配合を聞いてくれました。

下の写真は、エレナさんと生地の型抜きを手伝っているニィニィ。
エレナさんも小さい頃は、こうやってお母さんのお手伝いをしていたのだろうな、とその姿が目に浮かびました。
f0128092_13121462.jpg

そして出来上がったピラジニたち。
f0128092_13124952.jpg

そのルーツは、ロシアのピロシキにあるとエレナさんから聞きました。日本では、揚げたピロシキが一般的ですが、ロシアやラトビアなどでは、オーブンで焼いたものが一般的とのことです。

右奥の巻いてあるピラジニ、エレナさんのお母さんは、渦巻きを花弁に見立てて、「バラの花のパン」と呼んでいらっしゃるそうです。
f0128092_13131797.jpg


「普段は働いていて、なかなかゆっくりこのピラジニを作る機会がないのよ。」
「それもあって、彼(旦那様)も後で食べるのをとても楽しみにしているの。」
とエレナさん。

ちょっとした時に、手際よく伝統的な家庭料理をふるまう彼女の姿が、とても印象的でした。
by ayas_kitchen | 2007-01-26 12:40 | 世界の伝統的家庭料理

日々のお菓子やパン、子供達とのことを綴っています。パン、お菓子を中心とした料理教室を主宰しています。


by ayas_kitchen