NEW POST

素材を生かす

f0128092_21205044.jpg



ちょっと写真を整理したので。。。

↑もう何年も前の写真になりますが、頂いて感動したパン、パン・ド・ロデヴの写真です。今でも時々見返します(怪しい私、笑)。

こちらは、レーズン&胡桃入り。




f0128092_21204943.jpg




バゲットもありました。

f0128092_21204921.jpg


f0128092_21233252.jpg



運良く講習会に参加できたのでした。

メイン講師は、仁瓶利夫氏(!)。

f0128092_21235320.jpg



生地作りから、丁寧に説明・実演して下さいました。


f0128092_21205057.jpg


f0128092_21204969.jpg



それを活かしきれていない私は勿体無いの極みですが(-_-;)

仁瓶氏が作られた焼きたての冷めたてを試食。しっとり瑞々しくて、クラスト含め軽くふわり焼き上がっていて、もっと食べたくなる非常に魅力的なパンでした。




メインの粉はリスドォル(フランスパン用粉のザ・スタンダード)。私も使う汎用的な粉でこんなにも美味しいパンが焼けるとは!と感動し、打ちのめされ(自分の作るパンとは雲泥の差で)、素材を生かすとはこういうことなのか、としびれました。




試食時、私は片隅で美味しさのあまりワナワナしていました。仁瓶氏が「家庭製パンの方ですか?」と気さくにも話しかけて下さったので(超緊張!)、「はい、私もこんなパンを焼けるようになりたいです、感動しました」と巨匠に直々言いました。茶目っ気たっぷりに笑いながら、「家庭では設備的に無理でしょう、まぁ、買ってくださいよ(買いに来てね)」と応じて下さいました。


技術的にも無理なのですが
(-_-;)
 




でも、素材の美味しさを如何に引き出すか、という心構えは受け止めたつもりデス。普段の料理で、野菜は新鮮なうちに使う(干からびさせない、爆)、というような当たり前のことから始まり、私の永遠のテーマとなりました。




この講習会、主催は、パン・ド・ロデヴ普及委員会でした。対象は企業・店舗のパン職人ですが、偶然余裕があったようで参加でき、運命を感じました(笑)豪華講師陣です。


スケジュールやお知らせなどはこちらのブログが便利です。



トラックバックURL : http://ayacooking.exblog.jp/tb/28071945
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ayas_kitchen | 2017-08-19 21:38 | パン | Trackback | Comments(0)

日々のお菓子やパン、子供達とのことを綴っています。パン、お菓子を中心とした料理教室を主宰しています。


by ayas_kitchen